BMW M3 CSL(E46 M3ベース)


●E46初のコンプリート!?本家BMWモータースポーツ社が手がけたE46M3エボリューションとも言うべき車です。

2001年東京モーターショーにも展示され、BMWフリークの熱い要望にこたえて、03年5月限定販売されることになり、瞬く間に世界中で予約が殺到したと言う待望の1台です。この車は、本国仕様で
200310月に到着しましたが、アパルーサでは2号車となります。1号車は9月、このコーナーで紹介している、“E36アイディングM3SV”のオーナーでもあるBMW CLUB of九州会長の愛車として納車いたしました。既にサーキットデビューもアジアンフェスタ(ユーロカップ03年9月27日)に置いて果たしています。


コンプリートと呼んで良いのかは??ですが、新世代のコンセプトカーには間違いないですね!?
C(クーペ) S(スポーツ)L (ライトウエイト) の頭文字を名乗るこのM3には、全身に最新のテクノロジーが注入され、最新の素材と、最新のコンピューター制御で、その名の通り軽くて機敏で優雅な2ドアクーペに仕上がっています。ボディーは大胆にカーボン化されたルーフや、ファイバー製のボンネット、トランク、そしてなんとトランク下部にはスペアタイヤの納まる所はなく、平らなフロアは特殊な紙で製作されているそうです。素材の見直しにより1420kgと言うノーマルM3に比べ130kgもの軽量化を果たしています。しかもオートエアコン、リヤの2人分のシート、ステレオと言った最低限の快適装備を残しての数字です。この為にはやはりメーカーでしか出来ないだろうといような工夫も沢山見うけられます。
サイドガラスは標準車より薄くなり、フロントのフォグランプは無く、内装もカーボンを多用して、スタビライザーは中空に、またディーラー車には装備されない
BBS19インチにミシュランパイロットスポーツCUPと言うセミレーシングタイヤが装備されています。この為ディーラー車よりさらに約11kgのバネ下重量を削ぎ落とす事に成功しています。また走行性能は、CSLの特徴であり、目玉の一つである“SMGU”で最速0.08秒でシフトアップ、ダウンを済ませる事が出来ます。普段はATモードで、普通の乗用車として、また休日にはサーキットやワインディングをF1並みのパドル操作とフィーリングで駆け抜ける事が出来ます。




Mトラックモードをオフにしない限り、限界ギリギリでDSC他の補助装置が作動し、よほどの腕の持ち主ではない限りは、Mトラックにより安全にモータースポーツが楽しめる様に出来ています。

デフも0〜100%の間でLSDがコンピューター制御で最適に作動するそうです。もし腕に自信があれば、MトラックをOFFにしてトライして見たいものですが…今のとこその勇気はなさそうです。

このCSLと言う名称は、ご存知の方もおいででしょうが、1970年代にETCで活躍した3.0CSL(後の6シリーズに発展する2ドアクーペ)につけられた名称で、その名の通りレーシングスペックのライトウエイトバージョンでした。その後シュニッツァーがCSLの名を拝したS3スポーツCSL(アパルーサ所有)と言う軽量コンプリートカーを93年フランクフルトショーで発表しましたが、これに対しBMWよりCSLの名を使わない様に注文がつけられ、その後のシリーズはCLSと名を変えています。グリーンモンスターは“CLSU”と呼ばれています。

BMWとしてはこの名前に強い思い入れが合ったのかもですね!?そして今回のCSLの誕生となったわけです。強くサーキットを意識したM3CSLは、20世紀のCSLを手本として21世紀のCSLとして、誕生したと言うわけですね。この車のコンセプトが、今からのBMWのベースとなる事は間違い無いでしょう。

 

 

 

●H15.11月
レカロSP-G装着
将来のサーキット走行を踏まえて、運転席をRECARO SP-Gに交換しました。
残念ながら純正シートは4点式シートベルトを通す穴がありませんでした。
ベースフレーム、シートレールを改造してステアリングとシートが直線上にくるように改良して取り付けました。




●H15.11.18
馴らしを兼ねて、鹿児島までグリーンモンスターに会いに出かけました。
初の高速走行とワインディングで350Kmほど走りました。
まだまだ全開には程遠い・・・ですね。







●H17.4月
最近お付き合いが増えて、長距離に行く機会が多くなりました。九州内はともかく、都会ではどうしてもこいつが必要です。今までゴリラに道案内頼んでましたが、都会の高架橋の下ではゴリラ君固まってしまいます。そこで、オンダッシュHDDナビ(パナソニックのストラーダ)をついに装着しました。これでMDもいらず音楽も2700曲聞けるそうです!?凄いもんだ最近のナビは・・・CSL、グランドツアラーとして活躍中です







広島の呉軍港昭和埠頭です。(ちょっと古かったですね)海上自衛隊の護衛艦見学に行きました。CSLにナビつけたので、迷わず行くことが出来ました。高速使って約1000kmの旅でした、後ろは乗船した護衛艦です。名前忘れました(^^ゞ
CSLただいまスーパーグランドツーリングカーです





●H17.10月
2005年10月27日、富士スピードウエイに行ってきました。諸事情により今回は走行せず長距離ドライブを満喫です。本当は走りたかった!!残念
(写真をクリック!)


チューンナップとはその車の持つ性能を100%引き出してやる事。むやみに改造する事ではありません。

アパルーサは、お客様のカーライフにマッチしたチューニングメニューをご提案致します。

 
アパルーサでは、アイディング・アルピナ・シュニッツァーのチュ-ニングコンプリートカーを販売しています。又CSLを使って新商品の開発テストをしています。詳しくはお問い合わせ下さい